FC2ブログ

OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 事務所にてTOP報告 ≫ 事務所にて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

事務所にて

2月21日

事務所より電話で「お話があるので、来てください」と呼ばれる。

ワンコのお宅の件だろう。自転車を漕ぎながら呼吸を意識する。余計なものは吐き出して、光を取り入れるイメージ。感情的にならずに話せるように天使たちにお願いをする。

所長と担当ケアマネと私が信頼する社員さんとの4人での話となった。まず、結論から「代わりに入れる人がいないと困るので、(問題の)ヘルパーさんには今後も入ってもらいます」と告げられた。

が、やはりこの日も別宅の訪問からクレームが入っていることも聞かされた。そしてこちらも以前から注意していたそうだ。そういう状況にも関わらず、そのヘルパーさんを頼らなければ仕事が回らないという現実だ。

だが、こちらの状況など利用者さんには関係の無いこと。サービスの質を落として良いわけではない。

「ケアマネが同行しても利用者さんはにこやかだったので、関係は良いと思われる…」と話していたが遮ってお話しした。「認知が進み、ご自分のお名前もわからない。ご家族様の事を前に飼っていた犬の名前で呼んでいる状態です。にこやかに話しているから関係が良好とは言い切れないと思います」  所長も詰まった。

そして「期限切れのものを食べさせてると言っても、賞味期限と消費期限があるし、1日過ぎたから即腐るわけではないし…」また遮らせてもらいました。「古いパンと新しいパンがあったら、期限内の古いパンから召し上がっていただくのが当然ですよね?この方は、新しいパンから与えて、結果的に古いパンを期限切れにしているんです。おかしくないですか?」  沈黙・・・

「だから私はずーっと言い続けてるんですよ。夏の頃にはあまりにもひどいから 賞味期限の近いものから召し上がってもらって下さい  とメモを書いて置いといたのに  こんなふざけたもの書いて置く人がいる、 と反省すらしていなかったんですよ」  渋い顔の面々
 
「じゃあ、自転車はどう置いといたんですか?」と聞かれ、「向かいのお宅の通路をふさぐように置かれている」と図で説明。  頭を抱えてる。

他にもベットの傾斜をつけすぎて体がずれて痛がっている事、ワンコの餌を1日で1袋分与えたかもしれない事、数日ぶりに私が入ると目ヤニだらけの事、昼食なのに焼き菓子+お汁粉+みかん2個という訳の分からない組み合わせで用意している事…ここぞとお伝えする。  さすがにあきれ顔です。

目に余る時はその都度事務所へ連絡していたが社員さんが重要視していなかった。というか、そのヘルパーさんに伝えても逆ギレするからダメだった…らしい。要は気迫で事務所が負けていたのです。お粗末としか表現できません。

「認知が進んでいるからこそ受け身でしかありません。これでは気の毒すぎます」と言うと、  深々と頭を下げられた。

「今度こそ改善されるのを期待します」  本心です。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。