OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ソウルメイトの死TOP感じる ≫ ソウルメイトの死

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ソウルメイトの死

3月7日

主人の母が留守だったので、代わりに私が飼い犬の散歩に出かけた。そして、偶然に以前一緒の職場で同じパートとして働いていた女性に会った。久しぶりだったので、「最近はどうされているんですか?」とちょっと近況報告をした後に「〇〇さん、Hさんの事知ってる?」と聞かれた。最近会わなくなっていたので気になっていた。この時も散歩で少し遠回りをしながらその方に会えたらいいなと気配を探していた。

「Hさん、先月亡くなったんです。この前お通夜に行って来たのよ」

会えないはずでした…。

そのHさんは私のソウルメイトと思われる方でした。出会ったことにより私の世界感が大きく変わりました。仕事を通していろいろありましたが、最終的には絶対的な信頼関係がありました。仕事を辞めて、時々偶然出会う関係になってもその信頼関係は続いていました。

昨年のクリスマス直前に会った時、少し痩せたように見えて気になりましたが、お子さんが入院されていたことをその数週間前に聞いていたので心労かな?と感じてました。

その後、1月31日の夕方に娘の中学へお手紙を取りに行く途中にあちらは車、私は自転車ですれ違いながら手を振っていました。結局それが最後の姿でした。私よりも大分若いパパでした。

大雪の日に倒れたそうです。その女性と別れ、何かが欠けてしまったのを感じながら歩いていた。すると一瞬だったが雪が降って来た。あまりのタイミングだったのでHさんがサインを送って来たのだと思いました。涙がこぼれました。

肉体は無くなっても、魂は永遠。それを学んだので受け入れられています。彼の魂は自らこの若さで亡くなるのを選んで生きて来た。リーダーシップに優れ、大きなオーラを感じさせる人だった。

このところマーメイドカードでSoulmate Relationship(ソウルメイトとの関係)をやたらと引いていた。

この日の朝は、彼を思いながらチャネリングカードを引いていた。私の感情が否定。彼の感情が。二人のテーマは感謝。未来は依存と出ていた。こういう事だったのか…。

時々、彼が亡くなるような事を感じる事があった。未熟ながらも何かのセンサーが働いていたのかもしれない。

きっと来世もどこかで出会い、学び合うのでしょうね。その時を楽しみにしていますね。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。