OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ケガTOP報告 ≫ ケガ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ケガ

3月18日

午前中の会議が終わり、午後の仕事に備えていた時に二男の中学から着信。何かあったなと感じました。

体育の授業中に普段だったら絶対にあり得ない状況で転倒。手首に痛みと腫れがあるそうです。「念のため病院へ連れて行ってあげてください」とのこと。

帰宅すると玄関ドアさえ開けられない。ヤバイなあ~と思いながらも私は仕事がある。2件の仕事が終わったら即行で受診するしかない。学生服も脱げない状態だった。

約3時間後、帰宅すると熱も出て涙目になってた。ペパーミントオイルの力を借りて何とか整形外科へ。

先生は最初それほど深刻には診ていなかったようだったがレントゲンを見るなり「こりゃあ痛いな」となった。何と両手首が骨折していた。「2本ともって初めてだ…」と先生も驚く。

ギブスだけでも不自然なのに、痛がる息子を見て「両方吊ろう」とあろうことか三角巾2枚で両手吊り。イケてない芸人のようだった。

帰宅すればすっかり真っ暗でお腹もペコペコ。急いで鮭を焼いて買って来たお惣菜とテーブルへ。

ここで私は近所の一人暮らしのおばあちゃん宅へ。お勝手口のガラスにおっきなヒビが何本も入ってしまったのを病院に向かう時におばあちゃんから聞き、「後でガムテープ貼りに行くね」と約束してた。開けていたら春一番の強風で物凄い勢いで閉まったと思ったらひび割れてしまったのだそうです。

この数日具合の悪いおばあちゃん。私が来るのをずっと待っていてくれた。ひび割れもかなりひどく、思ったよりも時間がかかった。「ありがとね」とやきレバーを差し出され、ほおばりながらちょこっとお話。明日は娘さんがいらしての通院日だからガラスは相談してね…と後にする。

自宅へ戻れば「ママちゃん、力が入らなくて食べられなかった」と二男。長男はさっさと食べて知らん顔。娘は長風呂でまだ入浴中だった。ごめんごめんと食事の介助、「ヘルパーやってるぐらいだから食べさせ方上手でしょ?」と聞くとうんうん頷いてくれている。

もう少しで春休み。こんなんじゃ学校生活も大変だったろう。体を大切にすることを教えてもらうためのケガだったのかもしれませんね。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。