FC2ブログ

OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ お別れTOP報告 ≫ お別れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お別れ

3月31日

私が関わる小学校2校、中学校1校で退任、離任するお世話になった先生方計7名にお別れをしてきました。最初は我が子がお世話になった小学校へ二男を連れて。

二男にとっては1年ぶりの先生方。会う先生ごとに「大きくなったなぁ」とビックリされる。支援級で3年間お世話になった男性教諭は二男の訪問をとても喜んでくださった。いつも二男の可能性を探り続けてくださった先生でした。遊ぶ時は思いっきり遊び、叱る時は厳しく接してくださった。校外学習は私も引率のお手伝いをさせてもらい他校の支援級の児童との交流も楽しませていただいた。思い出がいっぱいです。

他校の支援級に転任となりましたが、きっとまたお会いすることができるでしょう。少年のような先生にまた素敵な出会いがあることでしょう。ありがとうございました。出会いに感謝です。

次は長男、娘が行けなくなった中学へ。教頭先生と生徒指導に力を注がれた先生お二人にご挨拶でした。教頭先生は真面目さが面白い方でした。PTAでご一緒し、一緒に変な被り物をして撮った写真は良い記念です。この学校には必要な先生と感じていましたので残念です。

もうお一人の先生はある教科で小学校にも指導に入ってくださっており私も何年も夏休みのイベントでご一緒させていただいてました。卒業生にも好かれる先生でした。近くの中学に赴任との事でまたお会いできそうです。

そんなやり取りをしている傍で娘の学年を受け持つ女性教諭が私に「今年度こそ娘さんに来てもらいたいから私頑張りますね」と熱心に語って下さいました。残念ながら娘はその気が全くないのをお伝えしながらも和やかムードでお話が出来る。もしこの先生が娘が1年の時に担任だったら違う展開になっていたかもしれない。が今となっては娘には現在の状況が最善だったのだろう。女性教諭とは良い関係でいられるのがありがたい。

最後にもう1つの小学校に退任の校長先生へご挨拶。いつもにこやかに地域の私たちを受け入れ、細やかな配慮をしてくださった。4月からは幅広く子ども達を受け入れる施設の長になられるそうです。おじいちゃん的な存在で人気者となられることでしょう。いつまでもお元気に頑張っていただきたいと思います。

お別れでしたがそれぞれのスタート。みなさんが活き活きと新生活を送られることを願っています。 

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。