OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ご縁TOP報告 ≫ ご縁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ご縁

4月11日

今日は二男の新しいクラスの懇談会。「出席」で通知を提出してから地域活動の旅行の打ち合わせが入ってしまった。今回の旅行では幹事となっているので打ち合わせを優先。懇談会には遅刻となるのをご連絡していました。

旅行会社の方、所属の団体の会長、副会長同席での打ち合わせ。年に1度の研修旅行とあり毎回みなさんの気合が入る。今年は上高地がメイン。私はお初です。

上高地散策は天候に左右されるという事で一泊二日の日程内でどちらの日にも散策が変更できるように調整していただく。参加の皆さんに少しでも良い思い出を作っていただきたい思いで打ち合わせはどんどん伸びる。

終了後、慌てて自転車を飛ばすが時は遅し、ぞろぞろと校門から保護者が出てきている。せめて新しい担任教師にご挨拶をと交流級へ向かう。(二男は3学年合同の特別支援級と普通クラスである交流級に籍を置き、体育と音楽とお昼を交流級で活動しています)

空っぽの教室の通路に机を出し、座っていらっしゃる男性。「遅れて申し訳ありません。〇〇の母です」担任教師とは初対面なので確認するように告げると、「ありがとうございます。お話したいので5分ほどよろしいですか?」満面の笑顔で迎えてくださる。「遅れて来ましたのに、ありがとうございます。よろしくお願いいたします」と誘導されるままに教室の最前列の机へ。「生徒達全員の様子を見ていただきたくてDVDにまとめたんです」と私一人の為に上映会スタート。(もちろん懇談会で出席の保護者も見ているはずです)

マンモス校なので1年の時に同じクラスだった子はほんのわずか。にも関わらず、全員が良い顔で写っている。既に馴染んでいるかのような雰囲気が伝わってくる。隣の席の男子が面倒見がよく、字を教えてくれている事。クラスの中での係り決めの時、みんなが二男にできる係りを考えてくれて、クラス委員の男子が二男に合わせて同じ係りに率先してなってくれた事。先生の説明付きです。

1年の時も二男はみんなに受け入れてもらい、楽しく過ごさせてもらった。そして進級して新しい先生も二男を上手くクラスに馴染ませてくれているのがよくわかり、DVDを見ながら胸が熱くなるのを感じました。

それだけでも私は嬉しかったのですが、先生からもっと嬉しい言葉をいただいた。「自分が担当の教科が週3回あるんですが、その1回だけでも交流級で参加してもらいたいんです」というものでした。読み書き困難の二男が入ることで先生の手間は増える事になると思われるのですが、先生は自らそれを提案してくださった。ありがたいという言葉しか見つかりませんでした。

二男は本当に周りの方に恵まれている。先生に関しては大当たりでずーっと来ている。障害と共に神様は良いご縁を二男に与えてくださったのだとしか思えません。二男にそう話すと「スゲー」と喜んでいました。

素晴らしいご縁をいただきながら、二男はどんどん大きく成長しています。長男を抜くのももう少しかもしれません。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。