OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 手相TOP報告 ≫ 手相

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

手相

4月18日

主人が会社をサボりました。このところ行き詰まっているようでしたので気分転換が必要なのでしょう。

この数日前、お客さんの接待を受けて連れて行かれたお姉ちゃんのいるお店。 お姉ちゃんの一人が主人の手相を見て絶句したそうです。そして「何もありませんでしたか?」 「プロに観てもらった方が良いですよ」と意味深な発言をされていました。

サボり=気分転換=どこかへ行く=手相の鑑定  連想ゲームの出来上がりです。幸い私も午前に1件の訪問のみですので付き合う事に。

手相で思いついたのは5日に訪れた横浜中華街。「またぁ?」と思いながらも横浜の響きには弱いです。が、さすがにこの前中華はしっかり堪能したので「お昼は別のとこへ行こうね」と家を出る。

すると…そうだ主人の幼なじみの経営するカフェが近所にあるじゃない?とまずは直行。11時を回りオープン直後でしたがおススメランチプレートをお願いしました。娘の同級生のママでもある彼女と、もう一人のママ友が作る豪華9点盛りのおかずは絶品。出だしは絶好調です。

中華街に着くと何軒かを様子見です。主人も私も手相を見てもらったことなどなく、ちょっと楽しみ~。すると芸能人と鑑定士の写真が貼ってあるお店を選ぶミーハーな主人。(いまどきミーハーという表現するのでしょうか?とちょっと心配してますが) 

「えぇ~ここぉ~」と失礼な発言をする私をよそにとっとと決定した主人。まぁ、見てもらうのは主人だしね。とすっかり傍観者です。

店内にいらしたのは70代のきれいなおばさま。説明を受けた主人は手相と算命学とのセットでお願いする。すると…ザウルスというまだ起動するんですね?と感動すら覚えてしまう端末でデータ入力。なんか来た甲斐ありました~的な主人。傍で見てる私は面白くてしょうがない。

先ずは算命学というものから説明を受ける主人。フムフム、まるきり主人そのものの人物像が語られる。恐るべしザウルス、じゃなかった算命学。当の本人は「おれってそんな?」みたいにわかっていない。人間とは本当に自分を知りませんね。

手相では初めて聞いた航海線の存在。ものの見事にくっきりと出ているんであります。海外旅行や長期出張などで出るらしいのですが、そんな予定はどこにもないのにくっきりしっかり。何か急展開でもあるのでしょうか?

トータルで見ると、仕事に行き詰まった感があるのは本人のわがままで不安材料は一切出てこない。定年後も何かしらの活動をして人を育てるのが良いのだそうです。

聞いててなんか楽しかった私は傍観者から「手相だけいいですか?」としっかり見てもらう事に。「ご主人を助けて何か(起業)したら?」という頭脳線だそうです。M字型の引き寄せ線と仏目という神仏のご加護がある線がしっかりあったのは嬉しい限り。が、「これは貯められないわね」という財運だそうです。出て行くものが多いということのようですが、「あるから出て行くのよ」とフォローしていただくこととなりました。

次元上昇という大切な時期に入っているにも関わらず、相変わらずな私です。  これから、瞑想するぞー



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。