OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 迷走TOP報告 ≫ 迷走

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

迷走

5月6日

午後2時半を回り、そろそろ娘と二男が母の元から出発出来たろうとタブレットへ連絡。すると「おばあちゃんが切符を無くしちゃって大変だった」と返信。母へのケータイへ連絡すると「二人がケンカばっかりしてるから切符を渡すタイミングがなくて、そんな風に思っていたら切符が見つからなくて。でも駅員さんが昔からの知り合いで何とか特急には乗せられたから。」との事。

大分混乱した中での出発となったそうだ。残る気がかりは東京メトロからJRへの乗り換えだ。ちょっとだけ距離があり、ちょっとだけ複雑かもしれないと感じていた。「地下1階で、方向だけは確認してね」と送信。

仕事をしながら乗換のポイント時間に合わせて連絡を入れサポートしていたが、JRに乗った気配が感じられない。やっぱり迷った~と思っていたら「迷っちゃったけど乗れた」とのこと。NAVITIMEで到着時間を検索し、ちょうど仕事終わりで合流できると安心して駅へ向かう。目の前には乗っていると思われる電車が到着し、改札を出て来るのを待つだけ…と安心していたら「ごめん、間違えて新小岩に来ちゃった」の連絡。

ギャーやっちまってた。気づくのが遅すぎだ~。「大丈夫?わかる?」と送信すると「大丈夫」と返信。今度は疲れて寝過ごしてしまう心配も出て来た。再度NAVITIMEで検索すると18:13の到着予定。しまった、今日は夜も仕事が入ってる。迎えに行けない…と思っていたら主人が友人の結婚式から帰宅。

主人にお迎えをお願いし、ホッとしたのもつかの間、「東京駅でまた変なことになっちゃった」    ガーン。

「ごめん、仕事に入らなくちゃいけないから、パパと連絡取り合ってね。わからなかったら駅員さんにしっかり聞いてね}と送信して主人へバトンタッチ。

どうやら母が切符を無くしたことも含め二人に試練が与えられたようです。二人で協力して乗り切れという事でしょう。

入浴介助の仕事を終えて帰宅すると思いの外元気な二人。大冒険で多くを学んだ事でしょう。なが~い、なが~い1日でした。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。