FC2ブログ

OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ いろんな変化がありました。TOP報告 ≫ いろんな変化がありました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

いろんな変化がありました。

いろんな場面でそれぞれの調整がありました。

母のとの事
小学校で「挨拶」のゲスト講師
苦手だったある人との関係
長く続いたPTA役員からの卒業
パワフルな満月の浄化
行政の「子育て支援」への絶望
思いもしなかったディズニーシーの洗礼
宇宙人からのメッセージ
「自分の人生を生きる」宣言

まるでこの数年の総決算のような怒涛の日々が続きました。

「子どもを救いたい」と引き受けた肩書きでの定例会で区の職員から説明された子育て支援の現状。工夫しています…努力しています…と説明されるほどに苦しくなった。「そんなんじゃあ、子どもは救えません」と、自分の身の上、我が子の現状をほんのひとつまみ加えて反論しながら涙がこぼれ、息が詰まった。

行政の対応は目の粗いザルのようにしか感じられなかった。私が思い描く子どもの救済には程遠かった。

自分には何ができるのか?考えていた時にもらった宇宙人のメッセージは「自分を責めずに手放せ」だった。背負っているものを手放す。あなたの使命じゃない。先ずは自分だった。自分の肉体が限界で詰まっているのだそうです。

自分の体(神殿)を癒す事が出来てからがスタートなのだそうです。

自分には癒しと浄化が必要なのはわかっていた。それを身に付けたくてドリーン・バーチューの「エンジェル・メディスン・ヒーリング」を購入したところでした。

新版 エンジェル・メディスン・ヒーリング―――アトランティスの天使が伝える古代の叡智新版 エンジェル・メディスン・ヒーリング―――アトランティスの天使が伝える古代の叡智
(2013/12/20)
ドリーン・バーチュー

商品詳細を見る


大きな目標である子どもを救うのは自分が完全に癒されてからという事になるのでしょう。

今日は地域活動の定例会でした。会議後、トップの方々とランチしながら、今期で辞めたい事をお伝えした。(今期と言ってもあと2年半もあるのですが…)いろんな引き止めがあるだろうが、とりあえず素直にお話しました。

帰宅すると留守電に入っていたのは放課後の子どもの居場所である施設の館長さんからのメッセージ。以前にも「是非リーダーとしてお手伝いして欲しい」とお願いされていたが、さすがに自分の体が心配でお断りしていました。今回は「運営の会計監査」のお願いでした。

買い物ついでに立ち寄ると「まだリーダーになって欲しい気持ちは諦めていないのよ」と意味深な笑みを送られる。「もう私も(地域の肩書きを)辞めるつもりでいるんです」とお話すると、「自分でやりたくて出来る肩書きじゃあないのだから、そういうものは続けなくちゃだめよ」と諭すように返された。

半年前の私だったら自分の気持ちはさておいて…でいただろう。でも今は自分の気持ちに正直であろうという軸が出来た。残された2年半の任期内も自分に優しくあろうと思います。自分に都合よくいられるポジションを選んで活動していこうと思います。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。