OH! MY 神様

視えるようになった娘との日々のやり取りや、それを取り巻く家族の状況を備忘録として記しています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 永眠TOP報告 ≫ 永眠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

永眠

時々記事にしていた近所の一人暮らしのおばあちゃん。
書けない間にも入院騒動があったり、夜中の急な呼び出しがあったりと何やかんやと騒がせてくれていましたが、そのおばあちゃんが昨日永眠されました。

この1週間ほどで動けなくなり、床ずれも異常な悪化。にも関わらず一人で動こうとして私が行くといつもベットから落ちていたり、トイレの前で倒れていたり…。少しでも時間があれば見に行ってお世話をし、嫌がるオムツも何とか着けてもらい、食事を運んだり、水分補給をしたりしていた。

少し離れた所に暮らす娘さんも数日おきに来てくださるようになり、訪問診療の先生、訪問看護士さん、ケアマネージャーとの連携も作られ始め、これからが本格的な床ずれの治療に入るところだった。

床ずれとは言っても深さ2~3センチぐらいまで皮膚がやられていて悪臭を放つほどになっていた。まだここまでひどくない時に娘さん、ケアマネ伝えて認識してもらっていた。が、本人は気力だけでお風呂に2日連続で入ってしまった。私が「感染症にでもなったらどれだけ辛いか」とことごとくお風呂に入らないように伝えても無駄だった。

その結果、傷はグジュグジュ、異臭がし始め慌てて受診を勧めてやっと事の重大さを娘さんは理解したようだった。

それでもおばあちゃんは寝たきりになりたくない一心で体を動かし続けていた。「頭はしっかりしていても体が悲鳴を上げているよ」 「自分から体を痛めつけているんだよ」昼夜問わずに私は見守りを続けて伝え続けた。

「うん、わかった」その言葉に安心して手が届くところには水分補給のための白湯や高カロリーの栄養ドリンクを用意し、オムツも漏れないように完璧セッティングして戸締りをして帰宅する。そんな毎日を送っていた。

でも、朝行くと必ずどこかに倒れていた。「どうしてもトイレに行きたくて」それが理由だった。頭がしっかりしているだけに気力だけで這ってでもトイレを目指していた。ベット脇に簡易トイレを設置しても目指すは6~7メートル離れた家のトイレだった。

亡くなる前の晩「動けないから助けて」と電話が入った。午後8時を回った所だった。すぐに駆けつけるとべっとからずり落ちる形でうずくまっていた。

ヘルパーとして関わる時と近所のものとして関わるのを私は区分していた。が事務所ではその辺りを理解してはくれない「なあなあになっている」そうこの日にも言われていた。だからと言ってこのおばあちゃんを放っておくことは私にはできなかった。

「〇〇さん(おばあちゃんの名前)、私も事務所との関係で正直やりにくいのよ、だから私のいう事を聞いて動かないで」 私はおばあちゃんに動いてもらいたくないためにわざとそう話した。するとおばあちゃんは「じゃあ、もう家に来るの止めるか?」そう聞いてきた。「止めないよ、私は最期まで面倒見るよ」目をしっかり合わせてそう告げると、おばあちゃんは安心したように微笑んだ。

そして数年間連絡も取れない長男さんに対して「あのバカ息子…」そう呟いた。気の強いおばあちゃんだ。故になかなか子ども達が寄り付かず、近所の方々も敵に回して孤立してしまった。まだ元気な時も私にいろんな方への恨みつらみをよく話していた。私はそれを聞き流しながら数年間このおばあちゃんの人間関係を見て来た。類は友を呼ぶというが、なるほどそのような関係性が見られていた。

だからこそ、最期はそのような恨みつらみとは無縁に穏やかに亡くなって欲しい。それが私の目指すところとして娘さんと事務所の間でブレないように起動修正していた。

「バカ息子…」言葉を続けそうなのを遮って「もう恨むのはやめようよ」と話した。「訪問の先生だって、看護士さんだって、とても優しくて良い方たちが来てるじゃない。良い人達に恵まれたんだし、息子さんにはかなわないけど、私がやるからさぁ」 おばあちゃんは穏やかな顔つきになった。「じゃあ、おやすみなさい」

それが最後のやり取りだった。

翌朝、いつもよりちょっと早めに様子を見に行くと、おばあちゃんは廊下に倒れて冷たくなっていた。手足はもちろん、顔までも冷たくなっていた。でもうなじにはまだ温かみが残っていた。あれほど言ったのに、最期は冷たい床の上だった。

娘さんへ連絡し、訪問の先生へ指示を仰ぐと「可哀想だからベットに寝せてあげてください。僕もすぐに向かいますから」早朝にも関わらず先生は穏やかな口調でそうおしゃいました。

廊下と和室の敷居が大きな障害だった。いくら痩せたとはいえ重さは相当だった。「あれほど言ったのに」言葉に出しながら泣けて来た。頭と腰の下に座布団を入れて痛くないように気をつけた。「痛い、痛い」いつも倒れていた時に発せられていた声は聞こえない。でもだからと言って乱暴には運べない。「〇〇さん、最期の最後までやってくれるね」泣きながら慎重に敷居をクリア。ベットのそばまでは寝た状態で座布団を滑らせた。いよいよベットへ上げる時上体を前かがみにして、持ち上げてっと、するとおばあちゃんが「フゥー」  息を吹き返したのかと思い、声をかける。前かがみにしたことで肺や気管に溜まっていた空気が抜けた、ということのようだった。

全身の力を振り絞り、火事場の馬鹿力ってこれなんだろうなと意識しながらご遺体を持ち上げ、どうにか寝かせる事が出来た。改めて見るとそう苦しんだ様子は見られない表情に救われた。衣服の乱れを直し、「これが最後になるね」とおむつ交換をさせていただいた。

きれいに整えたところで娘さんが到着。発見時の様子を伝えながら倒れていた姿を収めた写真をスマホでお見せした。娘さんは涙を流しながら「本人も最後まで好きに出来たから満足だったでしょう」と話された。間もなく先生も到着し、ずーとおばあちゃんが会いたがっていた息子さんも到着。それぞれに写真を見ていただき私の務めは完了した。

ただのご近所さんからスタートし、ここまで関われたのはきっと過去世で何かしらのご縁があったのでしょう。おばあちゃんの今生での学びは完了しただろうか?天国にて、先立たれたご主人と「私をこんなに甘やかした母が悪い」と私にこぼしたが、そのお母様と笑顔で再会できただろうか?

私も多くを学んだおばあちゃんの人生でした。おばあちゃん、安らかに。ありがとう。


 






スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。